シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。部屋にモノが溢れていませんか? たまに汚部屋も取り上げます。

カテゴリ: 汚部屋

マンション住みのゴミ屋敷
マンション住みのゴミ屋敷が増加しているようです。
清掃業者に依頼があるだけでも、10部屋に1部屋の割合だとか。
汚部屋の7割が女性、圧倒的に多い職業もあるようです。
都会の一人暮らしは、精神のバランスを保つのが難しいのかもしれませんね。
今日もどこかで、カーテンを閉めたマンションの部屋が、異臭を放っています。


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

「10部屋に1部屋はゴミ屋敷化していると思った方がいいです。大型マンションだと1棟に1割くらい」と話すのは、清掃会社『まごのて』社長の佐々木久史氏。清掃業と遺品整理代行を手がける同社は、年間700件以上のゴミ屋敷の清掃を請け負っている。

 ゴミ屋敷は文字通り、公道にまでゴミを溢れさせる「一戸建て」のイメージが強いが、今は様変わり。総務省の統計によれば、過去50年で集合住宅住まい世帯が18%から42%に急増しており、これに比例する形でマンション内のゴミ屋敷が急増しているのだという。続きを読む

ゴミ屋敷の掃除
ゴミ部屋の片付け風景をテレビなどで観ます。
映像では伝わってきませんが、腐敗臭がかなりキツイようですね。
1LDKの汚部屋で、搬出したゴミは120袋・・・
作業をする人たちも大変だと思います。どうか後戻りしませんように。


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

公道に溢れ出るゴミの山、偏屈な家の主、困り果てる近隣住人…。「ゴミ屋敷」と聞いて思い浮かべるこうしたイメージは、今や昔のものになりつつある。昨今、外から見えない「マンションゴミ屋敷」が激増している。

 サインはゴキブリ発生と消えぬ異臭。気づいた時にはもはや手遅れ、壁の向こうにはおぞましい光景が広がっている。ゴミ屋敷の現実を知るべく、本誌・女性セブン記者は清掃業と遺品整理代行を手がける清掃会社『まごのて』の清掃現場に密着した。

 9月下旬の朝8時、佐々木久史社長と従業員4名と共に向かった先は、東京都心のある高級マンション。10階の角部屋に入ると、依頼人である40代女性が出迎えた。続きを読む

高齢者のゴミ屋敷
親世代が高齢者になって、子が知らないうちにゴミ屋敷に・・・
「いつか使える、まだ使える」が積み重なって、
また、ゴミの出し方が煩雑で次第に億劫になって・・・
手遅れになる前に、早めに対処する必要がありそうですね。
親を叱る前に、子としてやれることを考えましょう。


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

老け込んだ親の姿にハッとしたことはありませんか? そんな親のきもちや行動を、もしかしたら私たちは誤解しているかもしれません。大阪大学大学院教授で、老年行動学を専門とする佐藤眞一先生のやさしい文章と、まんが家・北川なつさんのマンガで、老いた親のきもちをわかりやすく解説した『マンガで笑ってほっこり 老いた親のきもちがわかる本』(朝日新聞出版)から、いくつかのアドバイスを紹介します。第3回は「どうして家じゅうに物を溜め込むの?」です。続きを読む

放置老人の実態
高齢者のセルフ・ネグレクト(自己放任)が増えています。
心の病のケースもありますが、認知症の場合も多いとか。
それに伴い、ゴミ屋敷も年々増加傾向にあります。
人権や所有権にも関わることなので、第三者が容易く処分できません。
それでも解決の糸口をみつけなければ・・・


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

体が思うように動かなくなる。連れ合いとの別れを迎える。収入が減り、家計が苦しくなる。そんな出来事を機に、人生を無価値だと感じる人が現れる。身の回りのことがどうでもよくなり、放置してしまう高齢者。そんな「放置老人」に陥るのを防ぐ術を考えたい。

 東京都内の女性(55)は関西にある実家を毎月訪れ、親を見守っている。その実家に異変が起きたのは、今年初めだった。続きを読む

子どもの片付け習慣
子どもの時に片付け習慣を身につけないと・・・
大人になってから、汚部屋住みになる確率が高くなります。
親から子へ、片付けの方法をレクチャーしたいですね。
子どもに片付け習慣がつくと、家の中が一変しますよ。


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

スッキリした部屋で快適に過ごしたい…という大人の気持ちとは裏腹に、子どもは片づけたそばからオモチャを散らかすもの。小さいうちは大人が片付けてあげる必要があるけれど、「いったいこれはいつまで続くの?」なんて思っている人もいるのではないでしょうか。

オモチャの片付けで整理整頓の習慣を身につけられた子どもは、小学校に入学してからも自分の筆記用具や衣類の管理が上手な傾向にあります。とはいえ、片付けのテクニックはなかなか自然に身につくものではありませんから、大人が率先して教えてあげるべき事柄の1つでもあるんです。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ