シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。きたない汚部屋も取り上げます。ブログの更新もミニマムに断捨離して、今は週一。

カテゴリ: 節約・マネー

現金を増やそう
2020年は東京オリンピック・・・
オリンピックが終わると景気は確実に悪くなります。
それに備えるには・・・家計の無駄を省くしかありませんね。
無駄に気づいた分だけ・・・手持ちの現金は増えていきます。


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

現金を増やすためにはどうすればいいのか。経済ジャーナリストの荻原博子さんは「継続は力なり、ってホントなんです」という。「1円、2円ってバカにしがちだけど、積もり積もれば大きなお金になる」。そんな節約術の「基本中の基本」について、解説してもらった――。

■迫りくる大不況、現金を増やせ

2017年の運用環境は果たしてどうなるのか。荻原さんは「大前提となるのは、デフレがこのまま続き、東京オリンピックが終わったら大不況がくること」。だからこそ「今は家計のダウンサイジングと現金を増やすことに精を出すべき」と指摘する。デフレの世の中では相対的に物価が下がり、現金の価値が上がるからだ。続きを読む

1000万円
何かあっても安心できる金額といえば、
やはり1000万円ぐらいが目安になるようです。
既に1000万円を貯蓄した人も、初めは0(ゼロ)からスタートしました。
色々と決めて、まず一歩を踏み出す・・・これが大事みたいですね。


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

子どもの教育資金として1,000万円がよく目安とされます。マイホームの購入資金も、頭金の目安は物件価格の2割と言われます。3,500万円の物件なら頭金として700万円。それ以外に諸費用が200万円程度必要なので、貯蓄が1000万円あれば心強いと感じる人も多いでしょう。

もちろんお金を貯める目的は人それぞれですが、1,000万円あれば車の購入、留学、海外旅行等々、まとまったお金が必要になったときでも幅広く対応できそうです。続きを読む

カン違い脳
節約の勘違いは脳にあり!
脳が錯覚して、損なことを得だと判断することがあるようですね。
私もチェックをしてみましたが・・・
ほぼ間違いでした。これ、どうすればいいんでしょう?


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

おトクに買い物をしたい、しっかりお金を貯めたい…。「そう考えているのに、思うようにいかないのは、実は脳の仕組みのせいかもしれません」とショックな指摘をするのは、経済コラムニストの大江秀樹さん。その脳の仕組みとは?続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ